しあわせの理由 [グレッグ・イーガン]




しあわせの理由

ローカス賞受賞。12歳の誕生日をすぎてまもなく、ぼくはいつもしあわせな気分でいるようになった。脳内の化学物質によって感情を左右される意味を探究す る表題作ほか、仮想ボールを使った量子サッカーに興ずる人々の姿をとおして未来世界を描く「ボーダー・ガード」など九篇を収録した日本版オリジナル短篇集。

書名:しあわせの理由
著者:グレッグ・イーガン
出版:早川書房
Previous
Next Post »