考具 [加藤昌治]



考えるための道具、持っていますか?
丸腰で、仕事はできない。
あなたのアタマとカラダを『アイデア工場』に変えるとっておきのシンキング・ツール、教えます。

企画を作る事をゴールとして、アイデアを「集める」「拡げる」「まとめる」ために使えるテクニックを紹介しています。

いくつか気に入った工具を紹介します。

・カラーバス(集める工具)
任意のキーワードを決めて、日常生活を送る。
すると、それに関連した事が自然と目に入ってくるようになる。

・マンダラート(拡げる工具)
3 x 3に区切ったマスの中心に拡げたい事を書き、周辺を回るように拡げたアイデアを書いていく。
マスの形によって少しの強制力が働いて、くだらない物からいけてる物まで、とりあえず8個のアイデアが出せる。

・ビジュアライズ(まとめる工具)
「絵にならない物は企画として実現しない」
絵を描く事で、どこまで詳細に詰められているかが分かる。


重要な事は
「アイデアは数が勝負」
「アイデアは既存の物の組み合わせ」
「企画は自分の『やりたい
!』が出発点


書名
:工具
著者:加藤昌治
出版:阪急コミュニケーションズ
Previous
Next Post »