interface furniture展 その1

来週から始まるinterface furniture展のために新作の制作をしています。

今回はMONGOOSEのグラフィックデザイナー鍋島さんとのコラボレーション。
当初のアイデアは、超ハイクオリティRGByを作ろうというものだったのですが、
もっと自然に生活にとけこむ物を提案したいという事で議論を重ねました(ビール片手に)

そしてまとまった企画が「光るブラインド」
ブラインドの羽の裏側に光源をつけ、傾斜を変える事で光量を調節するというしくみです。

普段ブラインドを使うのは、羽を閉じて外光を遮るためですが、
逆に光を取り込む時には羽を開けますよね。
その感覚の延長線上にある照明器具です。
月明かりが窓から射し込んでいるかのように、
柔らかなひかりで部屋を演出します。

光源には細くカットしたELシートを使用します。
電源さえ繋がっていれば、曲げても切っても光るという面白い素材です。

Previous
Next Post »