夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、京都のいたるところで彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受ける珍事件の数々、そして運命の大転回とは? 山本周五郎賞受賞、本屋大賞2位の傑作、待望の文庫化! とにかくキャラが歩く歩く。お話の間中、常に動き...
Read More
ハラダ発ライ麦畑経由ニューヨーク行

ハラダ発ライ麦畑経由ニューヨーク行

ハラダ発ライ麦畑経由ニューヨーク行 一冊の本を手に僕は新しい冒険へと旅立った。最新エッセイ集。 学生の頃読んでいたままのかる〜い原田調のエッセイ。 と思ったらまさにその頃の発行年だった。 最近、本と場所を紐づけるコンテンツを考えているので,「本で読んだあの場所へ行っ...
Read More
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか 生命とは、絶え間ない流れの中にある動的なものである。読んだら世界がちがってみえる。哲学する分子生物学者が問う「命の不思議」。今まで体験したことのないサイエンス・ストーリー。 「 生物と無生物のあいだ 」と比べ文体が軽く、取り扱う内容も...
Read More
死神の精度

死神の精度

死神の精度 CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない—そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千...
Read More
陽気なギャングが世界を回す

陽気なギャングが世界を回す

陽気なギャングが世界を回す 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの 「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、仲...
Read More
オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。...
Read More