有頂天家族




有頂天家族

糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、ある時は「腐れ大学生」ある時は「虎」に化けて京都の街を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が!かねてより犬猿の仲の狸、宿敵・夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にし空を自在に飛び回る美女・弁天—。狸と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった。



「京都」「腐れ大学生」「変人師匠」など、いつもの森見ワールドながら、今回は主人公が狸なので、ファンタジックな要素が加わり、いい意味でより漫画的になっている。終盤の疾走感のあるシーンなど、読みながらアニメーションが頭に浮かんできた。

また、タイトルの通り、家族の存在が物語の主題になっている。雷におびえる母のため子供達が全てを放擲して集まる話など、心温まった。

物語の仕掛けもとても巧みだ。中盤まで配置した複線を綺麗に回収し、終盤になだれ込む勢いはとても爽快だった。また、偉大なる父・下鴨総一郎の死をめぐるミステリチックな部分もよかった。

読後、京都旅行に行き、狸たちのねぐら「下鴨神社・糺の森」や、大学コンパのメッカ「鴨川デルタ」など、森見作品お馴染みの場所を巡ってみた。




著者: 森見 登美彦
単行本: 357ページ
出版社: 幻冬舎 (2007/9/25)
発売日: 2007/9/25
Previous
Next Post »