京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ



京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ

日本を代表する「雅」の都・京都は、陰陽師や呪術僧が活躍する、呪いや怨念の渦巻く霊的空間でもあった。晴明神社、神泉苑、貴船神社…、名うての「魔界」を巡り歩くうちに、「異なる者」たちが跳梁跋扈する刺激に充ちた時空が蘇ってくる―そんな「魔界」発見の旅へようこそ!読んでから行くか、行ってから読むか。


小松 和彦 (著)
文庫: 264ページ
出版社: 光文社 (2002/02)
発売日: 2002/02
Previous
Next Post »