Fusion360のCAMでNCデータを作る

September 19, 2016

外部から読み込んだ3角ポリゴンのSTLから、Autodesk Fusion360のCAM機能を使って、CNCフライス盤のNCデータを作ります。

参考サイト



頂点数の変更

Autodesk ReMake に3角ポリゴンのSTLを読み込みます。ReMakeは写真から3Dモデルを作るために使うツールのようですが、ポリゴン数の調整や変換もできるので、その機能を利用します。
左側のメニューからExportを選択。書き出し形式としてFusion360(OBJ Quad)を選ぶと4角ポリゴンのObjになります。同時に、頂点数を減らすこともできます。


変換

書き出したObjをFusion360で、2回変換します。
まず、ファイルをアップロードして、メッシュデータとして開きます。


次にメッシュを選択し、変換を実行。スプライン形状になります。


最後にもう一度変換を実行。ソリッドモデルになります。


CAM

あとは通常のCAMの作業と同じです。モードをCAMに切替え、セットアップで座標系とワークのサイズを指定。加工毎に切削の設定を行い、ツールパスを生成します。


ツールパスを選択してシミュレーションを見る事ができます。



初めての作業なので、慎重にスタイロフォームでテスト。


切削完了。シミュレーションで確認できる時間と、実際の切削時間はかなり近いです。

Related Article