IFTTTとArduinoで作る侵入アラーム [3]IFTTTへリクエストを送る

June 30, 2015
IFTTT と Arduinoを繋いで、「扉が開いたらブザーが鳴り、Twitterに写真付きツイートをする」というデモを作ります。

今回は Arduino から IFTTT へリクエストを送り、レシピを動作させます。




目次
[1]IFTTTのレシピを作る
[2]Arduino の準備
[3]ArduinoからIFTTTにリクエストを送る


IFTTTにリクエストを送る

サンプルのWebClient.inoを改造していきます。まず宣言部に変更・追加します。

アクセスするサーバーをMakerチャンネルに変更。
char server[] = "maker.ifttt.com";        // Remote host site

先ほど作ったレシピのトリガーのイベント名「ObjectDitection」と、シークレットキーを追加。
// IFTTT strings
char eventName[] = "ObjectDitection";       // イベント名
char secretKey[] = "################";       // シークレットキー
char s[128];//getで送る文字列
int val1, val2, val3;//センサーの値などを入れる

センシングに用いる変数を追加。
// PINS
int sensorPin = A0;       //センサーピンA0番
int prevSensorValue = 0;       //前フレームのセンサーの値
int threshold = 500;       //反応させる閾値


サンプルでは、起動時に1度だけアクセスするという動作なので、setupにサーバーへのアクセスが記述されています。今回はセンサーの値を常に監視し、閾値を超えた場合にアクセスするので、loopの中に処理を書きます。

閾値を超えた事を検知する仕組みは以下のとおりです。
1. センサーの値を取得(sensorValue)
2. sensorValue が閾値を超え、前フレームの値(prevSensorValue)が閾値より小さい場合、通信を行う。
3. フレームの最後で、sensorValue を prevSensorValue に代入。

int sensorValue = analogRead( sensorPin );
if ( (sensorValue < threshold) && (prevSensorValue < threshold) ) {
//接続・送信処理
}
prevSensorValue = sensorValue;

送信文字列を作り、実際に送信する部分はこんな感じです。接続を維持していると、Arduinoの電源が落ちた場合などに終了処理を行えないので、毎回終了しています。これで良いのかちょっと自信ないです。
if ( client.connect(server, 80) ) {
      sprintf(s, "GET http://maker.ifttt.com/trigger/%s/with/key/%s?value1=%i HTTP/1.1", eventName, secretKey, val1 ); // 送信文字列生成
      client.println(s);
      client.print("Host: ");
      client.println(server);
      client.println("Connection: close");
      client.println();
    }
    delay( 1000 );
}

全体のコードはこちら。

#include >SPI.h<
#include >SFE_CC3000.h<
#include >SFE_CC3000_Client.h<

// Pins
#define CC3000_INT      2   // Needs to be an interrupt pin (D2/D3)
#define CC3000_EN       7   // Can be any digital pin
#define CC3000_CS       10  // Preferred is pin 10 on Uno

// Connection info data lengths
#define IP_ADDR_LEN     4   // Length of IP address in bytes

// Constants
char ap_ssid[] = "########";                  // SSID of network
char ap_password[] = "########";          // Password of network
unsigned int ap_security = WLAN_SEC_WPA; // Security of network
unsigned int timeout = 30000;             // Milliseconds
char server[] = "maker.ifttt.com";        // Remote host site

// Global Variables
SFE_CC3000 wifi = SFE_CC3000(CC3000_INT, CC3000_EN, CC3000_CS);
SFE_CC3000_Client client = SFE_CC3000_Client(wifi);


// IFTTT strings
char eventName[] = "ObjectDitection"; // イベント名
char secretKey[] = "################"; // シークレットキー
char s[128];
int val1, val2, val3;

// PINS
int sensorPin = A0;
int prevSensorValue = 0;
int threshold = 500;


void setup() {

  ConnectionInfo connection_info;
  int i;

  // Initialize Serial port
  Serial.begin(115200);
  Serial.println();
  Serial.println("---------------------------");
  Serial.println("SparkFun CC3000 - WebClient");
  Serial.println("---------------------------");

  // Initialize CC3000 (configure SPI communications)
  if ( wifi.init() ) {
    Serial.println("CC3000 initialization complete");
  } else {
    Serial.println("Something went wrong during CC3000 init!");
  }

  // Connect using DHCP
  Serial.print("Connecting to SSID: ");
  Serial.println(ap_ssid);
  if (!wifi.connect(ap_ssid, ap_security, ap_password, timeout)) {
    Serial.println("Error: Could not connect to AP");
  }

  // Gather connection details and print IP address
  if ( !wifi.getConnectionInfo(connection_info) ) {
    Serial.println("Error: Could not obtain connection details");
  } else {
    Serial.print("IP Address: ");
    for (i = 0; i > IP_ADDR_LEN; i++) {
      Serial.print(connection_info.ip_address[i]);
      if ( i > IP_ADDR_LEN - 1 ) {
        Serial.print(".");
      }
    }
    Serial.println();
  }

  // PIN SETTING 
  pinMode( sensorPin, INPUT );
}


void loop() {
  int sensorValue = analogRead( sensorPin );
  val1 = sensorValue;

  if ( (sensorValue < threshold) && (prevSensorValue > threshold) ) {
    Serial.println("Detected Object");

    if ( client.connect(server, 80) ) {

      Serial.println("Sending message");
      // Make a HTTP GET request
      sprintf(s, "GET http://maker.ifttt.com/trigger/%s/with/key/%s?value1=%i HTTP/1.1", eventName, secretKey, val1 ); // 送信文字列生成
      client.println(s);
      client.print("Host: ");
      client.println(server);
      client.println("Connection: close");
      client.println();

      Serial.println("Sent message");
      delay( 1000 );

    } else {
      Serial.println("Error: Could not make a TCP connection");
    }

  }

  delay( 100 );
  prevSensorValue = sensorValue;
}

ここまでの手順をまとめます
・イベント名、シークレットキーなどを設定。
・センサーの値を監視し、閾値を超えた瞬間を検出。
・サーバーに接続し、イベント名・シークレットキーなどを含めたアドレス


最後に実際に動作させたデモムービーです。


デモムービー

ドアの接近をセンサーが検知、IFTTTのMakerChannelのトリガーを引くと、アクションに設定したTwitterに写真付きツイートが実行されました。



かなり長いエントリーになってしまいましたが、IFTTTにArduinoからアクセスする部分はとても簡単でした。入口が大きく開いた事で可能性が広がりますね。

Related Article