こどもパソコン「IchigoJam」

IchigoJamは、テレビに繋いでプログラムを書ける小さなコンピュータです。
http://ichigojam.net/

USB-Microの5V電源、AVビデオ出力、PS/2キーボードを繋げば、すぐにBASIC言語でプログラムを始める事ができます。かつてベーマガを愛読し、友達と5インチフロッピーで自作ゲームを交換したパソコン少年のみなさん、この夏休み子供と一緒にプログラム始めませんか?



デザイン言語WS(電子工作)

SFC デザイン言語WS(電子工作)で使用した資料をまとめました。

電子工作初心者がArduinoを使って、一つの作品を作る事を目標とした授業です。
電子部品や回路の使い方から、アイデアの出し方、造形の手法などについても紹介しています。



センサー情報をdata.sparkfunに保存する


data.sparkfun.com は、電子デバイスを販売しているSparkFunが提供するクラウドストレージです。今回はそこにArduinoで集めたセンサーの情報を上げて、グラフ表示するデモを作ります。



IFTTTとArduinoで作る侵入アラーム [3]IFTTTへリクエストを送る

IFTTT と Arduinoを繋いで、「扉が開いたらブザーが鳴り、Twitterに写真付きツイートをする」というデモを作ります。

今回は Arduino から IFTTT へリクエストを送り、レシピを動作させます。

IFTTTとArduinoで作る侵入アラーム [2]Arduino の準備

IFTTT と Arduinoを繋いで、「扉が開いたらブザーが鳴り、Twitterに写真付きツイートをする」というデモを作ります。

今回は SparkFun製のWifiシールドを使って、Arduino をネットにつなぎます。

IFTTTとArduinoで作る侵入アラーム [1]IFTTTのレシピを作る



IFTTTは、TwitterやInstagramなど色々なWebサービスを連携できるWebサービスです。

そのIFTTTに、Arduino などから簡単にアクセスできる機能が追加されました。HTTP get でセンサーのデータなどを送ることができます。

今回は「Arduinoにつないだ距離センサーの値が一定以上になったら、Twitterに写真付きツイートをする」というデモを作ります。


こちらのエントリーを参考にさせていただきました。(というかほぼそのまま)
SWITCH SCIENCE MAGAZINE IFTTTにMaker Channelができました