Oculus Rift と Julius で言霊使いになる

Oculus Rift と Julius で言霊使いになる

November 12, 2013
オールナイト・クリエイソンという、一晩でコンテンツを作るイベントに参加しました。ネタは自由だったので、GOROmanさんのこのツイートに触発されて、音声認識でOculusRiftに文字やオブジェクトを出現させるモノを作りました。



・コマンド「箱を作る」を言うと箱が出現し、飛んでいきます。
・コマンド以外の言葉の場合は、文字が出現します。

今回のバージョンでは理想像には程遠い出来ですが、認識精度が上がって、複数対戦や多彩なコマンドが実装されたら、かなり楽しいんじゃないかと思います。

iTweenの終了

November 8, 2013
unity3D のトゥイーンライブラリ「iTween」を使っていて、少しずつメモリが溜まっていく問題に悩まされたのでメモ。

トゥイーンが終了する前にDestroyすると開放されない。好きなタイミングでDestroyする場合は、あらかじめ OnDestroy で iTween.Stop() するスクリプトを貼り付けとく。LoadLevelでシーンを切り替える場合は、すべてのオブジェクトがDestroyされるので、これをやっといたほうがいいと思う。

Oculus Riftで体験するSHIROMA14SSコレクション「DEEPER」

October 21, 2013
VR用ヘッドマウントディスプレイOculus Riftを使って、ファッションブランド SHIROMA 2014 春夏コレクションのテーマを体験するコンテンツを制作しました。

SHIROMAの14SSのテーマは「DEEPER」。海底の廃虚に棲む謎の生物をモチーフに荒廃と侵食を表現しています。展示会ではOculus Riftを使いその世界観を体験できます。


openFrameworks 0.8.0 examples screen captures

August 17, 2013

openFrameworks 0.8.0に付属するExampleのスクリーンショットをまとめました。以前のバージョンでまとめられているサイトがあり、大変便利だったので今回は自分でやってみました。


ofxOculusRift をemptyExample に入れる場合のメモ

July 31, 2013

ofxOculusRift を emptyExample に入れて使う場合にちょっとハマったのでメモ。

明日にでもoF 0.8 がでるらしいので無駄になるかもだけど。

Mac OSX 10.8.4

Xcode 4.6.3

openFrameworks 0.74

ofxOculusRift https://github.com/andreasmuller/ofxOculusRift

まず emptyExampleをコピー。

addons フォルダに入れたofxOculusRiftをXcodeのaddonsに入れ、サンプル・ライブラリーなどを削除。ここまでは普通。


Project.xcconfig に以下を追加。

///////////////////////////////////////////

// ADDONS

// path to the addons dir

ADDONS_PATH = $(OF_PATH)/addons

// ofxOculusRift

OFX_OCULUSRIFT_HEADERS = $(ADDONS_PATH)/ofxOculusRift/src $(ADDONS_PATH)/ofxOculusRift/libs/LibOVR/Include

OFX_OCULUSRIFT_LIBS = "$(ADDONS_PATH)/ofxOculusRift/libs/LibOVR/Lib/MacOS/Release/libovr.a"

// all addons

OF_ADDON_HEADERS = $(OFX_OCULUSRIFT_HEADERS)

OF_ADDON_LIBS = $(OFX_OCULUSRIFT_LIBS)

///////////////////////////////////////////

// MAIN

OTHER_CFLAGS = $(OFX_PD_CFLAGS)

HEADER_SEARCH_PATHS = $(OF_CORE_HEADERS) $(OF_ADDON_HEADERS)

OTHER_LDFLAGS = $(OF_CORE_LIBS) $(OF_ADDON_LIBS)




$(OF_CORE_HEADERS) $(OF_ADDON_HEADERS)

Build Settings の Search Paths > Header Search Paths を以下の通りに。

同じくBuild Settings の Apple LLVM compiler 4.2 - Code Generation > Optimization Level で Fastest, Smallest [-Os] を選択。

これでビルドできました。さぁ作るぞー!

リブライズで自分の本棚を図書館化

July 10, 2013

リブライズというサービスを利用して自分の本棚を図書館化しました。

リブライズとは
本の貸し出し管理をサポートしてくれるサービスです。カフェやコワーキングスペースが小さな図書館になり、本の貸し借りを通じて交流が広がります。読みたい本を検索して、近所に所蔵している場所があれば、実際に借りに行く事ができます。利用するにはフェイスブックのアカウントでログインするだけです。

リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜
http://librize.com/


ガイドツアー 複雑系の世界: サンタフェ研究所講義ノートから

July 5, 2013

ガイドツアーという書名の通り、複雑系科学の概観を紹介する内容。


はじめに「複雑系とは何か」という明確な定義はまだ無いそうだ。逆にそれを知る事が目的とも言える。

Pheromone Trail

June 14, 2013
フェロモントレイルは、アントクラスタリングと同様に、蟻の生態をモデル化したものです。最短経路を探索するアルゴリズムとして、ネットのトラフィックの最適化などに応用されています。